溜め込まない為に、信頼出来る人に相談しよう

診察を受けてよかった~

未然に防ごう

不眠、食欲不振などの症状はうつ病と診断されるケースが多いです。健康相談やカウンセリングをして、うつ病にならないようにしっかりと、心のメンテナンスをすることが大事だと言えます。

READ MORE

制度を利用しよう

公的扶助を利用してうつ病の治療はしていきましょう。通常通り病院へ行くと三割負担で治療を受けなければなりません。しかし、公的扶助を受けることで一割負担で治療をすることが出来る可能性があります。

READ MORE

理解しよう

薬をしっかりと服用しながら、休養をとることで精神的に落ち着くことが出来ます。指示通り薬を服用することで、うつ病は早期に治療出来る可能性があります。うつ病の方がいる場合は焦らせてはいけません。

READ MORE

心構えをしよう

現代人はうつ病になりやすいと言われています。自分はならないと思っている方も多いですが、誰でもストレスを抱える為、なるかもしれないと考えていた方が良いでしょう。うつ病になった場合は病院を頼りましょう。

READ MORE

人と関わる

デイケア施設へ通うことで、うつ病から立ち直り社会復帰出来る可能性があります。デイケア施設では音楽を聞く、ウォーキングをするなどしてうつ病を治療して行きます。沢山の方とコミュニケーションが取れます。

READ MORE

長期間かかる

うつの診断を受けた方は病気をしっかりと理解して向き合うことが大切です。こちらのサイトに詳しく紹介されていますよ。

うつ病の治療において重要なポイントとは

うつ病になった場合、どのように治療していくのでしょうか。基本的には薬物療法が中心となりますが、薬物による治療以外にも修正型電気けいれん療法や、高照度光刺激療法、認知療法などといった治療法が存在します。うつ病の方それぞれの特性に合わせ、それらの治療法を組み合わせて時間をかけて治していく、というのが今の主流です。 これらの治療を行っている際に気を付けるべき点としては、うつ病の方に対する接し方が最も重要なものとして挙げられます。元気が出ない、やる気が出ないといった抑うつ状態はうつ病の主体となる症状ですが、そういった方に「がんばれ」等と励ますのは逆効果にしかならないと言われています。それに加えて、うつ病は治療に時間のかかる病気です。周囲で関わる人が安易な励ましをしてしまわないよう、長期的に治していくのだという心構えが必要になるのです。また、そういった心構えをすると同時に、家族や身の回りの人たちも自らのストレスを解消していく必要があります。悩み事や相談がある場合はかかりつけ医やナースなど、医療専門の人に話をして溜め込まないことが大切です。

うつになりやすい病前性格とは

うつ病にはなりやすい性格があると言われています。メランコリー親和型性格、循環気質、執着性格、自己愛性格の4つです。 メランコリー親和型性格は生真面目で、秩序を重んじる性格で人との調和をなにより大切にするというような性格のことを指します。循環気質は社交的で親切な性格で双極性障害というタイプのうつ病になりやすいと言われています。この双極性障害は前述した抑うつ状態と、思ったらすぐに行動してしまったり、自分を過大評価したりする躁状態を交互にくりかえす障害のことです。執着性格はその名の通り執着心が強く、まじめで凝り性、正義感が強く完璧主義であるような性格を指します。自己愛性格は近年よくメディアに取り上げられている「新型うつ」にかかわりの深い性格です。未熟で自己愛が強く、思い通りにならないことに対し葛藤を抱えるタイプです。 うつ病になる前のこういった性格、性質のことを「病前性格」とよび、精神科のドクターがうつ病の診断をする際の参考にすることもあります。

通院するのにかかる費用とは。抑えることはできないのか。

以前に比べ認知度があがりつつあるうつ病ですが、まだまだほかの病気に比べて一般の理解度が高いとは言えません。 思い当たる節があっても精神科や診療科にかかるのは気が引けるといった方も多いかもしれません。 その理由のひとつに治療費も挙げられるのではないでしょうか。 うつ病は改善までにどのくらいの期間が必要なのかという目安が設けづらい病気でもあります。 一般にうつ病の治療にかかる費用としては、診察料で3000から4000円。ここにカウンセリング料や薬代などが加わることになるので、確かに負担は少なくありません。 利用できる制度としては自立支援医療費制度というものもあります。 これは市町村に申請することで利用することができ、自己負担額が原則一割に減額、さらに所得に応じた治療費の上限も設けられます。 うつ病の兆候があった場合にはこういった制度も積極的に利用しつつ、我慢せず専門医に相談するようにしましょう。

うつ病の治療にはどのようなものがあるのか。

うつ病の治療にはどのようなものがあるのでしょうか。 主なものとしては薬による治療と、カウンセリングが挙げられます。 薬による治療に使われる抗うつ薬は主なもので5種類ほど。 これも専門医に相談することで適切な薬を選んでもらう必要があります。 そしてカウンセリング。 うつ病の治療にはカウンセリングが特に効果的だと言われています。 現在うつ病の原因となっている思考パターンを医師やカウンセラーとの会話の中で整理し、より柔軟な思考ができるように導いていくものです。 そしてもう一つ、大事だとされていることがあります。 それはきちんとした休養をとること。 うつ病患者の方は責任感が強い方が多く、しっかりと休養が取れていない場合が多くあります。 こういった生活面も医師と相談しながら改善していくのがうつ病の一般的な治療になります。