溜め込まない為に、信頼出来る人に相談しよう

心構えをしよう

うつ病は現代に多い心の病気

 うつ病とは、強い憂鬱感が長期間続き、普通の生活を送るのが困難になる心の病気です。誰でも、悲しい事や落ち込む事はあると思いますが、たいていの人は時間の経過と共に気持ちが晴れたり、楽しい事をすることにより不安が解消したりするものです。しかしうつ病になると、自分の意思に関係なく常に落ち込んだり悲しい気持ちが続いたりし、そのような感情から抜け出せなくなってしまうのです。これは目には見えないものなので、他人からは分かりにくいですし、時には診断がつくまで本人にも自覚がない場合があります。うつ病の原因は人によって違いますが、仕事や家庭のストレスや人間関係などが引き金となることが多いようです。忙しくストレスの多い現代では誰もがなりうる病気ということを頭に入れておきましょう。

治療をする時に頭に入れておくこと

 うつ病には治療が必要です。もし自分や身近な家族がうつ病になってしまったら、必ず心療内科にいき、医師の指示に従って治療をしていくことが大切です。では、具体的にどのような治療をしていくのか、詳しく見ていきましょう。治療の基本は、しっかりと休養と睡眠をとることと、薬によって体の中から不調を治していくことです。使われる薬は「抗うつ薬」といって不安感を取り除き、精神的な安定を期待出来ます。中には薬に抵抗がある人もいるかもしれませんが、しっかりと服用していくことで確実な回復を目指します。また、しっかりと休養をとり、脳を休ませてあげないと治療の効果が現れにくいと言われています。うつ病になる人は真面目な人が多く、休むことを悪いことだと思ってしまう人もいるようですが、休養は治療に絶対に必要だということを覚えておきましょう。治療にはある程度の時間がかかります。焦らずにじっくりと治療していくことが、回復への近道です。